これまで培って来た筐体設計や制御装置の組配技術・技能を活かして

オリジナル商品の開発を検討。

テーマを絞る中で、温暖化で日本中が亜熱帯のような気候になりつつある昨今

洪水が増え衛生環境が脅かされたり、冬季はインフルエンザの流行など

細菌やウイルスの蔓延が懸念されます。

細菌・ウイルスイメージ

飛沫感染や空気感染、間接接触感染をできるだけ防ぎ

子供達や高齢者など健康的に弱い立場の人々の役に立てるものができないか・・・

そこで、殺菌や除菌をテーマとすることに決めました。

方式としては、オゾンや光(紫外線)も検討しましたが

電解水の入手が可能であるため、次亜塩素酸水を使っての装置開発となりました。

では、次亜塩素酸水とはどういうものか?

食塩水を電気分解することにより得られる水溶液で、殺菌効果のある電解水は

酸性電解水と呼ばれます。酸性電解水の主成分が次亜塩素酸です。強い殺菌作用があります。

 

次亜塩素酸水