ポータブル電源開発①・・・長時間使える様に

蓄電池(以下、バッテリー)を利用したポータブル電源を開発しています。
ポータブル電源は通常、内蔵のバッテリーの容量と消費電力で
使用可能な時間が決まります。
もちろんバッテリー容量が低下すると充電が必要となります。
同じ消費電力で使用可能時間を伸ばそうとすると
高性能で高額なバッテリーもしくは大きなバッテリー
あるいは多くのバッテリーを搭載する必要があり
ポータブルとは言えない電源になってしまいます。
そこで、内臓バッテリーの使用時間と重量を抑制する代わりに
外部バッテリーに接続することで使用時間を延長することにしました。
つまり、必要時間の予備バッテリーを常備しておけば
バッテリー切れによる不安を解消できるという事です。

清電舎ポータブル電源
清電舎ポータブル電源

株式会社 清電舎